熊本県熊本市北区の眼科 医療法人祐杏会 よねむら眼科クリニック

〒861-0131 熊本県熊本市北区植木町広住397-1
TEL 096-275-5211

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

白内障日帰り手術

いつ手術を受けるべきか

白内障のみなら手遅れになることはほぼありませんので、手術に決まった時期はありません。しかし、あまりに進行して水晶体が硬くなりすぎると、手術での目に対する負担が大きくなってしまいます。また、ご高齢の方の場合、何かあってからだと手術が困難となることもあり、元気に通院している間に手術を済ませておく、というのもひとつの考え方です。
白内障では、物が見えにくくなるほか、様々な症状が日常生活に支障をきたすようになったら、その時が手術の時期です。とはいっても、生活はひとそれぞれ。
迷われたならば、気兼ねなくご相談ください。
また、白内障のみと診断された場合も進行の具合、緑内障などの合併症の有無のチェックのため定期健診は受けていただくことが必要です。

 

白内障とはどんな病気なのか?

目の中には、見たいものにピントを合わせるためのレンズがあります。これを水晶体といいます。水晶体は、年齢とともに硬くなっていき、さらに白く濁っていきます。このように水晶体が濁ってしまったために目の中で光の通りが悪くなり、物が見えづらくなる病気が白内障です。
個人差はありますが60歳代後半で7割、80歳代後半でほぼ全員が白内障となります。

白内障とはどんな病気なのか

白内障になると、まぶしさを強く感じたり、物の輪郭がぼやけて見えたり、眼鏡の度数が合わなくなったりします。物が見えなくなるのは、相当進行した状態です。
視力を回復するには、今のところ手術しかありません。光を感じる網膜や視神経など、目の他の部分に問題がなければ、手術後はよく見えるようになります。

 

初診から手術までのながれ

<初診>
●視力・眼圧などの基礎検査
●白内障の手術の時期を決定

<術前検査>
●手術に必要な各検査実施
●眼内レンズの度数決定
●手術日の決定
↓ ※かかりつけの内科を受診
<術前説明 検査>
●再度、手術に必要な各検査
●手術日の注意事項等の説明

<手術>
手術時間はおよそ10~15分程度

<術後検査>
●手術後の視力や各検査実施
●日常生活等の説明確認

 

手術のながれ

▽麻酔
 麻酔は点眼とテノン嚢下麻酔という方法でおこないます。
 注射のような痛みもなく、意識は正常です。

▽切開
 切開創は小さく3mmです。

▽自己閉鎖創
 切開創は自己閉鎖創といって眼内圧で自然に創が閉じるようにできています。

▽前嚢切開
 水晶体を包んでいる水晶体嚢という
 薄い皮膜の前面を丸く切り取ります。

▽超音波乳化吸引装置
 超音波を発振して、混濁した水晶体を細かく砕きながら吸引します。

 眼内レンズを挿入する薄いカプセルの部分を残します。

▽眼内レンズ移植
 残した薄いカプセル内に眼内レンズを挿入します。

手術は、日帰りでおこないます。
手術時間はおよそ10~15分程度で
手術室に入って出てくるまでの時間は30分程です。

 

日帰り手術当日のながれ

<来院><術前準備><手術><回復室><帰宅>
●手術当日は事前にご案内した時間にご来院ください。

 

手術前後の注意事項と日常生活

□目のまわりには細菌が常に存在していますので手術前に処方された抗生物質の点眼を必ずおこなってください。

□手術後は、眼帯をしますので車の運転はできません。
 ご家族の方の送迎かタクシーをご利用ください。

□手術後、10日程はご自分での洗髪ができませんのでご注意ください。

□手術後は重い物を持つことは1ヶ月は控えてください。

手術室
手術室

手術室の様子です。
白内障、翼状片、内反症、涙点閉鎖、N-Sチューブ挿入術等を
日帰りで行っています。
リカバリー
回復室

手術前の処置を行なったり、手術後にお休みいただく部屋です。